セキュリティポリシー

当社は、コンピュータのソフトウェア開発および、販売業を営む企業として、個人情報保護への対応は重大な社会的責任であると認識しています。
当社は、本人の権利を保護するために、個人情報に関連する法規制等を厳守するとともに、以下に示す方針に基づき個人情報保護マネジメントシステムを構築します。

1.個人情報は、利用目的の範囲に限定して取得・利用・提供し、目的外利用をいたしません。
2.個人情報の漏洩、滅失又は棄損等のリスクに関して、事故等の未然防止策および是正に関する対策を実施し、個人情報に関するセキュリティー体制を継続的に向上させます。
3.個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
4.個人情報保護マネジメントシステムを適時・適切に見直し、継続的な改善活動を行います。

本方針は、外部公開するとともに従業者に周知し、各自の教育、啓発に努め個人情報保護意識の高揚を図ります。
本方針並びに個人情報に関してのお問合せ・ご相談・苦情等は、
株式会社E-STAGE内、管理責任者(TEL. 052-433-6226)迄、ご連絡をお願いします。

プライバシーポリシー

新規制定日:平成20年03月01日
最終更新日:平成24年12月22日
株式会社 E-STAGE
代表取締役 河口 直樹

当社では、個人情報を厳重に管理するために、以下の内容を実施します。

1.個人情報は、当社の個人情報保護マニュアルや内部規定に従って適切に管理します。
2.個人情報は、以下の目的で使用いたします。
 1) システム開発、システム開発業務
 2) 社員管理、社員等の募集採用、労務管理
 3) 特定派遣派遣社員の登録、派遣サービスの提供
3.個人情報は、処理のために当社の基準を満たす委託先に業務委託することがあります。
 なお、委託先以外の第三者に対しては、個人情報を提供いたしません。
4.個人情報は、ご本人様確認の上、開示・訂正等を行います。
 ただし、受託業務でお預かりしている個人情報については委託元に確認した上で対応いたします。
5.個人情報を与えて頂くことは任意ですが、個人情報が誤っていた場合は、適切なサービスを提供できないことがあります。
6.個人情報に関するご相談・苦情は、以下の連絡先までお申し出ください。




目的
このSMPは、株式会社E-STAGE(以下、当社と称する)の全ての従業員及び役職員ならびに当社内で業務に就くすべての外部スタッフ等(以下、従業員と称す)が、個人または業務でSMを用いる際に遵守しなければならない原則を定めるものとする。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え
ソーシャルメディアへの情報発信は、あらゆる背景と事情を持つ不特定多数のユーザが閲覧可能であることを常に意識します。
当社はソーシャルメディアを使用する際にユーザに誤解を与えないように注意します。
当社の情報発信が社会に対して少なからぬ影響を持つことを十分に意識します。
ソーシャルメディア上に発信した情報は、完全には削除できないことを認識します。

1.透明性の担保
ソーシャルメディア上での議論の流れをコントロールすることを目的とした、議事ページの制作や投稿メッセージの送信は行いません。当社が管理するすべてのホームページやソーシャルメディアページは、当社の管理である旨を周知いたします。

2.顧客のプライバシーの保護
あらゆる個人情報(Personally Identifiable Information)については、収集形態・保管方法・用途など、あらゆる面で慎重でなければなりません。これらは全て、個人情報保護方針や関連法規に従います。

3.第三者の権利の尊重
ユーザ生成型のコンテンツを含め、ソーシャルメディア領域においても、著作権、商標権、肖像権など第三者の権利を侵害することなく、尊重します。その検証や履行確認に当たっては、各ユーザの置かれた状況の違いを考慮しながら、部門横断的なチームで、適切な判断を行います。

4.技術利用に対する責任
過剰な追跡ソフトウェアやアドウェア、マルウェア、またはスパイウェアの使用を推進する組織やウェブサイトには一切協力しません。

5.傾聴と事例の活用
インターネットコミュニティでの議論に耳を傾けるとともに、本行動指針が常に最新の関連法令を遵守し、かつ適切な行動基準を反映したものとなるよう、万全を期します。

6.お客様及び利用者の皆様へのご案内とお願い
ソーシャルメディアにおける当社の社員からの情報発信の全てが、当社の公式発表・見解を必ずしも表しているものではないことを、あらかじめご了承下さい。

【株式会社E-STAGE社員及び協力会社によるソーシャルメディアの利用】

1.事業運営規範など、該当する方針などの厳守
全従業者は、当社が定める事業運営規範(Code of Business Conduct)、
当社の社員及び当社の業務に従事する協力会社の社員が所属する各社の就業規則や個人情報保護方針及びその他定めのある関連方針や法令に従わなければなりません。

2.ブランド価値を守る”番人”として役割を担う
無数の情報が溢れるソーシャルメディア上において、当社がどのように語られているかを知るのに、関係者一人一人の協力は欠かすことが出来ません。たとえ自分自身の担当業務に直接かかわりがなくても、ポジティブ・ネガティブにかかわらず、インターネット上で当社の企業としての評判について重要だと思われる投稿を見つけた場合には、当社のソーシャルメディア担当者に速やかに報告するようお願いします。

3.否定的な投稿に対する反応は、専門家に任せて、自分の判断で行わない
当社ないしは、当社製品について否定的・中傷的な投稿を目にした場合にも、自分の判断で反論や議論を展開しないこと。”株式会社E-STAGEを代表して”、ソーシャルメディアでの議論に参加できるのは、専門のトレーニングを受けた担当者のみとなります。問題となる投稿を見かけた場合には、当社のソーシャルメディア担当者に速やかに報告するようお願いします。

4.仕事に纏わる記載をする場合は、特に配慮をする
ソーシャルメディア上では、業務に関する記述と自身のプライベートに関する記述の境界が非常に曖昧になりやすい特徴があります。当社では従業員の言論の自由を尊重していますが、同僚や上司、更にはビジネスパートナーもそれらのコンテンツにアクセスしたり、転送されて目にしたりする場合があることを忘れてはいけません。